f:id:mura-shu:20170311090050j:plain

ウィンクルボス兄弟のビットコインETFが米SECにより否決されました。

 

日本時間3月11日朝6時過ぎ、米国証券取引委員会(SEC)はウィンクルボス兄弟による「Winklevoss Bitcoin Trust」のETF(ビットコイン上場投資信託)の認可申請を拒否したと発表しました。

 

このETFが承認されれば世界初のビットコインETFとなり、ビットコインの金融市場における存在感が大きく増すと期待されてましたが、結果的にビットコインの普及には今なお課題が多いことが明らかになりました。

米SECは、過去のビットコインの取引記録を踏まえ、不正取引を防止し、投資家の利益を保護する設計が不十分だと判断したそうです。

 

昨日の記事「ウィンクルボス兄弟のビットコインETF、3月11日に米SECの承認なるか!?」でも、「米SECが今ETFを完全に否定する可能性は低く、延期または承認のいずれかを決断する可能性が高いが、米国では仮想通貨のハードルが高いので延期になりそう」と書きましたが、まさかの否決でしたね。

 

一番気になるところはビットコインの価格ですが、米SECの発表を受け、1280ドル台を付けていたビットコインの市場価格は一時1022ドル台半ばと約2割下落しました。

日本市場では今回の否決直前には14万円台後半まで上昇したが、一時12万円台に下落するなど、世界的にビットコインの急落が見られています。

ただ、否決されたらもっと大きく下落すると見ていましたが、思った以上に下がらなかったですね。

今年1月の中国当局による取引所規制の際は、ビットコインの市場価格は15万円台から8万円台にまで急落しましたから、今回はそれと比べると急落とは言えない程度の下落で収まっているかと思います。

これは、ビットコインの価値を認めている人が多く、通貨としての強さをどんどん増していってる表れだと思います。

今年1月にビットコインの市場価格は8万円台に下落した後、再び上昇を続け、15万円台まで上昇しました。

ビットコインは今後も幾多の困難を乗り越えて市場価値を高めていくのではないかと思います。

 

最後にHYIPの話ですが、今回のETF否決を受けてビットコイン価格は下落してますので、飛ぶところも出てくると思います。

ただ、そこまで下がらなかったということで、HYIP側もまだ行けると思って、様子を見ていたところが再開するような気がしますね。

これはあくまで私個人の見解ですので、他の動向を見ながら慎重に判断して運用するようにしてください。

ビットコイン価格もしばらくは変動すると思いますので、取引される場合は十分にご注意ください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment