4月1日から改正資金決済法が施行されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日ビットコイン価格がついに10万円を割ってしまいました。

どこまで下がるんでしょうかね。

ハードフォーク問題が解決しないことには相場も落ち着かないので、なんとか早いうちに良い方向に収束してもらいたいところです。

 

そんな中、bitFlyerにログインしてみると、「犯罪収益移転防止法に基づく追加情報のご登録」という案内が表示されていました。

昨日2017年3月24日に金融庁からの発表で、改正資金決済法の施行日が「2017年4月1日」に決定しましたので、改正された「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」の観点から、取引する際は法律の則って本人情報の確認や取引目的等の確認を行うこと(取引時確認)が義務付けられることになりました。

・氏名、住所および生年月日の確認

・「外国の重要な公人」の確認

・職業の確認

・取引目的の確認

・転送不要の書留郵便の受取

 

この登録が完了しないと、4月1日以降に仮想通貨の売買および仮想通貨の送付ができなくなる場合(注)がありますので、必ず登録してくださいとのことです。

(注) ① 1回に200万円を超える仮想通貨売買

② 1回に10万円を超える仮想通貨の送付

③ ①若しくは②を行う目的で200万円以下の売買や10万円以下の送付を複数回行ったことが明らかな場合

 

また、この改正資金決済法を受けて、取引所の口座開設も施行日以降(4月1日から)は「転送不要の書留郵便の受取」が必要になりますので、簡単に口座開設ができるのは施行日まで(3月31日まで)です。

でもどちらにせよ取引所で仮想通貨の売買や送付を行う場合には「転送不要の書留郵便の受取」が必要になってきますので、とりあえず口座だけ先に開設しておきたいという人は3月31日までにやると簡単ですよってことですね。

 

この案内の内容はbitFlyerに限らず、coincheckやZaifなど他の取引所でも同様の対応を取る必要がありますのでご注意ください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*