ビットコインのハードフォークが回避されるかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先程、大手マイニングプールのF2Poolの共同設立者であるWang Chun氏がTwitterで「Bitcoin can’t fork and won’t fork」とツイートしました。

つまり、「ビットコインはハードフォークできないし、今後もハードフォークしない」ということです。

F2PoolはBlockchain.infoのマイニングプールのシェア統計でも、過去4日のデータで現在11%と3番目にシェアが高いマイニングプールですので発言の影響力も大きいと思いますが、共同設立者がこのような発言をするということはハードフォークが回避される可能性が高くなってきたとみても良いかと思います。

 

実際、BitfinexでBCC(ビットコインコア)とBTU(ビットコインアンリミテッド)の価格の予測市場が立っているのですが、BCU/USDが一時180まで下落しました。(現在は220.01まで回復)

これはあくまで予測の価格なのですが、ビットコインコアとビットコインアンリミテッドがどれぐらい支持されているのかを表す指標となりますので、良かったら参考にしてみてください。

 

また、国内最大のビットコイン取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は、先日共同で緊急声明を発表したビットコイン取引所19社にも入っておらず、ハードフォークに対する見解を示さずにずっと沈黙してましたが、今日「ハードフォーク等により、複数のブロックチェーンが共存し続ける事態には強く反対します。 」という見解を表明しました。

ビットコインのハードフォークに対する当社の見解 – bitFlyer(PDF)

ハードフォークの内容がいかなるものであったとしても、ビットコインのブロックチェーンが分岐し、複数の異なる仮想通貨体系として並存することは、ビットコインを取り巻くエコシステム全体のために絶対に避けるべきであるという考えからハードフォークに反対しているようです。

また、現在のBUの仕様についても改善の余地があると言及しています。

そして、結果的にハードフォークが発生しても以下の事項を約束するとのことです。

● お客様の資産は守られます。BUによるハードフォークが発生した場合、ハードフォーク前にビットコインを保有されていたお客様はハードフォーク後に同数のBCCとBUを保有することになります。

● ただしハードフォークの前後に、ビットコインを使った決済、ビットコインの預入および送付等の取引を受け付けない期間を一定期間設ける可能性があります。

● 当社においてはハードフォークを機に懸念されるリプレイ攻撃は対策可能です。すでに対策の準備を進めております。

● BUに対する分析・研究を継続し、お客様のリスクを最小限に抑制する努力を続けます。

 

これらの情報からビットコインのハードフォークが回避される可能性は高くなってきたと見られ、ビットコイン価格もまた上昇を始めてきており、ビットコインの信頼が回復してきているように思われますが、まだハードフォークが回避されることが決定になったわけではありません。

今後少しでも悪いニュースが入ってくると、またビットコイン価格が下落する可能性もありますので、引き続き慎重に判断して、投資を行う場合は十分に注意して、リスク管理を徹底してください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*