ブックメーカー投資における期待値の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このブログでも度々登場している「期待値」について、私が参加している「月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティー」では期待値の高いやり方を学ぶことができるとお伝えしてますが、ブックメーカー投資に限らず投資においては「期待値」を考えることが非常に重要です。

月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーとは?

今回は、そもそも「期待値とは何なのか」といったところから、「期待値はどうやって出すのか」、「ブックメーカー投資の期待値はどれぐらいなのか」、「期待値のシミュレーション」や「期待値と勝率のバランス」について書いていきたいと思います。

 

期待値とは?

期待値とは、「これぐらいのお金を投資すれば、これぐらいの利益が得られる」というような、投資で期待できる損益のことです。

すなわち、目標利回りに直結する数字となります。

前に、「ギャンブルでいうと掛け金に対して戻ってくる見込みの金額を表したもの」と書きましたが、ブックメーカー投資でいえば「今の自分の成績でブックメーカー投資を続けると、最終的にどのくらいの利率が見込めるか」を示す数値になります。

期待値がプラスになっていれば「このまま続ければ儲かる」、マイナスになっていれば「続ければ続けるほど損をする」ということになります。

しかも期待値が高いほど「高い利率が見込める」ので、より高い月利を出すことができます。

他の投資と比べた時のブックメーカー投資のメリット

 

期待値の出し方

投資の種類によって期待値の出し方も異なるのですが、一般的には「投資金額に対して戻ってくる平均の金額」になります。

例えば300円のジャンボ宝くじであれば、「(1等の当選金額)×(当選確率)+(2等の当選金額)×(2等の当選確率)+・・・」となり、合計すると150円ぐらいになると言われています。

300円買ったら150円しか戻ってこないのですから、買えば買うほど損をするということになります。

それでも、たくさん買えば1等が当たる確率が上がると思って買っちゃう人が多いんですよね。

私も昔は1等の夢を見て宝くじを買うこともありましたが、この期待値の低さを知ってから買うことはなくなりました。

 

ブックメーカー投資の期待値の出し方は、「勝率」、「利益率」、「試合数」、「減額率」、「軍資金」の5つから求めることができます。(※軍資金が全ての試合で同じ単利運用の場合)

利益率は「オッズから1を引いたパーセント」となり、減額率とは「掛け金に対して払戻金がどれぐらいマイナスになったかの割合」のことで、「(払戻金 - 掛け金) ÷ (払戻金)」で表されますのでマイナスの数値になります。

負け率は「100%-勝率」で求めることができますので、

(ブックメーカー投資の期待値) = (試合数 × 勝率 × 平均オッズ × 軍資金) + (試合数 × 負け率 × 減額率 × 軍資金)

となります。

 

他の投資の期待値の出し方を見てみると、FXや株式投資は一回の取引で期待できる損益のことを表し、

(期待値) = (勝率 × 平均利益) - (負け率 × 平均損失)

で求めることができます。

ペイオフレシオ(リスクリワードレシオ)と呼ばれる「(平均利益) ÷ (平均損失)」で期待値を考えることも多く、勝率とペイオフレシオで表されるバルサラの破産確率表は有名ですよね。

損小利大を目指しつつ勝率を高めて利益を上げていきます。

 

HYIP投資は飛ぶ確率がわからないので、正確な期待値を出すことができませんが、自分なりにいつぐらいに飛びそうかを推測して計算することはできます。

例えば、今週からD9クラブ(D9 Club)でゴールドプラス1口を単利運用したとして、「ネットワーク企業にシステムを変更してから2周年」となる2018年2月の1週目に飛ぶと推測したとします。

すると期待値は、投資金額に対する回収金額の割合で計算すると、

【投資金額】

ゴールドプラス1口:266,000円

【回収金額】

毎週の配当:170ドル × 43週 = 7,310ドル

毎月の月額会費 50ドル × 10回 = 5,000ドル

利益:7,310ドル - 500ドル = 6,810ドル(749,100円) ※1ドル=110円で計算

となりますので、ゴールドプラス1口を投資した時の期待値は+749,100円(利率281.6%)と推測することができます。

D9クラブ(D9 Club)の記事一覧は、こちら。

 

ブックメーカー投資の期待値はどれぐらい?

ブックメーカー投資の期待値の出し方は、

(ブックメーカー投資の期待値) = (試合数 × 勝率 × 平均オッズ × 軍資金) + (試合数 × 負け率 × 減額率 × 軍資金)

という計算式で求められることを説明しました。

普通のブックメーカー投資では減額率が「-100%」となるのですが、我々のコミュニティーではキャッシュアウト(損切)を利用したノウハウで投資を行ってますので、負けた試合でも全額失うのではなく負け額を減らすことができます。

コミュニティーでは勝率94%を謳っていますので、試合数「100試合」、勝率「94%」、平均オッズ「5%」、減額率「-20%」、軍資金「1万円」として、「普通の投資」と「キャッシュアウトを利用したノウハウ使用時の投資」との比較を行ってみたいと思います。

 

■普通の投資

期待値 = (100試合 × 94% × 5% × 10,000円) + (100試合 × 6% × (-100%) × 10,000円)

= 47,000円 - 60,000円

= -13,000円(-130%)

 

■キャッシュアウトを利用したノウハウ使用時の投資

期待値 = (100試合 × 94% × 5% × 10,000円) + (100試合 × 6% × (-20%) × 10,000円)

= 47,000円 - 12,000円

= +35,000円(+350%)

 

キャッシュアウトを利用しない普通の投資では、負けた試合で全額失ってますので、そのまま何も対策を打たないと期待値がマイナス(-130%)になってしまいます。

それに対して、キャッシュアウトを利用したノウハウ使用時の投資では、減額率が「-20%」で抑えられているおかげで、期待値がプラス(+350%)になっています。

キャッシュアウトの重要性が分かると思います。

期待値のシミュレーション

我々のコミュニティーでは、数字を入力すると自動的に期待値を計算してくれる「期待値計算シート」を活用しており、期待値を把握したり、数字を変えることでシミュレーションを行うことができます。

自分の成績を入力することで、同じやり方でずっと投資を行っていけばこれぐらいの利率になるという期待値を自分で把握することができます。

データは多ければ多いほどより正確な期待値が分かります。

コミュニティーで一番最初に1ドルベットを100試合行うのも、自分の成績の100試合分のデータが取れるので、自分で期待値を把握するという目的もあります。

 

また、期待値計算シートを使って、「勝率と平均オッズ」や「キャッシュアウトした際に何%マイナスになっても期待値がプラスになるのか」などといったシミュレーションもできます。

勝率と平均オッズ、キャッシュアウトのところに色々数字を入力してみると、「どのくらい月利が得られるのか」、「そのためにはどのくらいの勝率と平均オッズが必要なのか」、「キャッシュアウトではどのくらいの損失まで許容できるか」がシミュレーションできます。

キャッシュアウトの条件をコントロールすることで、期待値がプラスになるようにリスクをコントロールできます。

キャッシュアウトで許容できる数値を頭に入れてベットすると、負けそうになった時に潔くキャッシュアウトを決断し、負けを受け入れることができます。

自ずと戦略も固まってきますので、この期待値計算シートを活用することをオススメしています。

 

ブックメーカー投資を行うにあたっては、このようなシミュレーションをすることがとても大切です。

データを集め、検証し、数学的根拠に基づいて投資判断を下せるようになる必要があります。

 

期待値と勝率のバランスが重要

いくら勝率が良くても利率が低ければ稼ぎ続けることはできません。

例えば勝率99%でも平均オッズが1.01(利率1%)の場合は、キャッシュアウトをしないと期待値がマイナスになってしまいます。

試合数を「100試合」、軍資金を「1万円」とすると、

期待値 = (100試合 × 99% ×1% × 10,000円) + (100試合 × 1% × (-100%) × 10,000円)

= 9,900円 - 10,000円

= - 100円(-1%)

となりますので、連勝して一時的にプラスになることはあっても、長い目で見ると負けてしまいます。

 

また、利率が高く期待値も100%を超えている場合でも、勝率が低いと連敗などにより資金がなくなってしまう可能性があります。

100回に1回は200倍になるというものがあったとすると、利率は20,000%で期待値も200%とどちらも高いのですが、勝率が1%しかないので連敗しやすく、例えば資金の10分の1ずつを賭けていったとすると10回の負けで資金が底をついてしまいます。

資金の100分の1ずつを賭けていったとしても、100回以内に勝ちが来なければ資金がなくなってしまいますし、勝ちが来たとしてもそれ以上の負けが続いた場合はなかなか利益が増えないということになってしまいます。

このように、期待値が高くても勝率が低ければ長期的には稼いでいくことができるかもしれませんが、その前に資金がなくなってしまったり、短期的には負けてしまう時期も出てきてしまいますので、期待値と勝率のバランスを考えることが重要になってきます。

 

我々のコミュニティーでは、勝率94%という非常に勝率の高いノウハウを提供しておりますが、期待値を高めることを重視しておりますので、オッズが低すぎる試合には賭けないように推奨しており、勝率が高くて且つある程度のオッズが見込める試合に賭けていくようなノウハウとなっております。

現在提供されているノウハウだけでなく、さらに期待値を上げるための分析や研究も行われていて、毎月の勉強会やブックメーカー通話セミナー、LINEグループなどでも発表されることもあり、常に進化しています。

私も中上級シェアチームや新しいノウハウの研究チームに入ってますので、さらなる期待値の向上とコミュニティーへの還元に努めていきたいと思います。

ブックメーカー投資を極めます!

 

ブックメーカー投資の記事一覧は、こちら。

 

ブックメーカー投資についてのご質問やお問い合わせ、月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーに興味があるという方は下にあるLINE@への登録、メールやFacebookからご連絡ください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*