ノアコイン(NOAH COIN)は国家プロジェクトでない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日もサッカー日本代表のワールドカップ最終予選が行われ、日本がタイに4-0で勝ちました!

久保選手が1ゴール2アシストと大活躍でしたね。

今回もブックメーカーの話をしたかったのですが、今日は仮想通貨界でも大きなニュースが入ってきましたので、そちらを取り上げることにします。

ブックメーカー投資の記事一覧は、こちら

ちなみに試合開始前の日本勝利のオッズは1.04倍でした。

UAE戦は1.70倍でしたので、力の差がオッズに表れてますね。

 

さて、今日の仮想通貨のニュースといえば、やはり何と言ってもこの話題ですね。

フィリピンのまにら新聞で、「仮想通貨ノア・コインは国家プロジェクトでないとし、在日比大使館が警鐘」という記事が掲載されました。

仮想通貨ノア・コインは国家プロジェクトでないとし、在日比大使館が警鐘 – まにら新聞ウェブ

在日本フィリピン大使館は、日本で「事前販売」されているといわれる仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で間違った情報が広がっているとし、デジタル金融取引は慎重に行うよう、大使館ウェブサイトで呼び掛けました。

通知 | Philippine Embassy – Tokyo, Japan

 

在日本フィリピン大使館は「フィリピン政府の国家プロジェクト」などと称しネット上で広まるノア・コインに関し、フィリピン中央銀行と証券取引委員会に確認したところ、中央銀行はノア・コインを運営するノア・ファンデーション社、ノア・グローバル社に対して、コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、国家プロジェクトでないとしたといいます。

中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバル社の主要・副次目的からかけ離れたものであるとしました。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバル社に国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はないと明言しました。

また、現地視察と調査を行ったところ、ノア・グローバル社は証券取引委員会に登録されている事務所住所に実在していなかったといいます。

これらの観点から、デジタル金融取引への従事には慎重になり、フィリピン中央銀行取引証券委員会などフィリピンの関連政府機関のウェブサイトを確認するよう呼び掛けています。

 

ノアコインは当初プレセール全期間で300億円分を予約販売する計画でしたが、3月19日までの第1期プレセール中の2月末時点での販売状況から1000億円に上方修正する予定と言われてましたので、通貨としての価値がなくなってしまったらかなりの被害額になると思われます。

2018年6月12日のフィリピンの独立記念日に一般公開が予定されてますので、それまでにノアプロジェクト側が立て直せるか注目ですね。

この騒動に対してノアプロジェクト側の説明がなされなければ、ノアコインの購入はしない方が良いと思います。

ビットコインも上がってきましたし、今後もビットコインとイーサリアムの2強が仮想通貨界を引っ張っていくと思いますので、他の通貨は知識がないのであれば手を出すことはあまりオススメしません。

色々な情報が入ってくると思いますが、自分で正しい情報を判断して、投資を行うのであれば慎重に行ってください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*