ギャンブル

ブックメーカー投資における期待値の重要性

このブログでも度々登場している「期待値」について、私が参加している「月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティー」では期待値の高いやり方を学ぶことができるとお伝えしてますが、ブックメーカー投資に限らず投資においては「期待値」を考えることが非常に重要です。

月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーとは?

今回は、そもそも「期待値とは何なのか」といったところから、「期待値はどうやって出すのか」、「ブックメーカー投資の期待値はどれぐらいなのか」、「期待値のシミュレーション」や「期待値と勝率のバランス」について書いていきたいと思います。

 

期待値とは?

期待値とは、「これぐらいのお金を投資すれば、これぐらいの利益が得られる」というような、投資で期待できる損益のことです。

すなわち、目標利回りに直結する数字となります。

前に、「ギャンブルでいうと掛け金に対して戻ってくる見込みの金額を表したもの」と書きましたが、ブックメーカー投資でいえば「今の自分の成績でブックメーカー投資を続けると、最終的にどのくらいの利率が見込めるか」を示す数値になります。

期待値がプラスになっていれば「このまま続ければ儲かる」、マイナスになっていれば「続ければ続けるほど損をする」ということになります。

しかも期待値が高いほど「高い利率が見込める」ので、より高い月利を出すことができます。

他の投資と比べた時のブックメーカー投資のメリット

 

期待値の出し方

投資の種類によって期待値の出し方も異なるのですが、一般的には「投資金額に対して戻ってくる平均の金額」になります。

例えば300円のジャンボ宝くじであれば、「(1等の当選金額)×(当選確率)+(2等の当選金額)×(2等の当選確率)+・・・」となり、合計すると150円ぐらいになると言われています。

300円買ったら150円しか戻ってこないのですから、買えば買うほど損をするということになります。

それでも、たくさん買えば1等が当たる確率が上がると思って買っちゃう人が多いんですよね。

私も昔は1等の夢を見て宝くじを買うこともありましたが、この期待値の低さを知ってから買うことはなくなりました。

 

ブックメーカー投資の期待値の出し方は、「勝率」、「利益率」、「試合数」、「減額率」、「軍資金」の5つから求めることができます。(※軍資金が全ての試合で同じ単利運用の場合)

利益率は「オッズから1を引いたパーセント」となり、減額率とは「掛け金に対して払戻金がどれぐらいマイナスになったかの割合」のことで、「(払戻金 - 掛け金) ÷ (払戻金)」で表されますのでマイナスの数値になります。

負け率は「100%-勝率」で求めることができますので、

(ブックメーカー投資の期待値) = (試合数 × 勝率 × 平均オッズ × 軍資金) + (試合数 × 負け率 × 減額率 × 軍資金)

となります。

 

他の投資の期待値の出し方を見てみると、FXや株式投資は一回の取引で期待できる損益のことを表し、

(期待値) = (勝率 × 平均利益) - (負け率 × 平均損失)

で求めることができます。

ペイオフレシオ(リスクリワードレシオ)と呼ばれる「(平均利益) ÷ (平均損失)」で期待値を考えることも多く、勝率とペイオフレシオで表されるバルサラの破産確率表は有名ですよね。

損小利大を目指しつつ勝率を高めて利益を上げていきます。

 

HYIP投資は飛ぶ確率がわからないので、正確な期待値を出すことができませんが、自分なりにいつぐらいに飛びそうかを推測して計算することはできます。

例えば、今週からD9クラブ(D9 Club)でゴールドプラス1口を単利運用したとして、「ネットワーク企業にシステムを変更してから2周年」となる2018年2月の1週目に飛ぶと推測したとします。

すると期待値は、投資金額に対する回収金額の割合で計算すると、

【投資金額】

ゴールドプラス1口:266,000円

【回収金額】

毎週の配当:170ドル × 43週 = 7,310ドル

毎月の月額会費 50ドル × 10回 = 5,000ドル

利益:7,310ドル - 500ドル = 6,810ドル(749,100円) ※1ドル=110円で計算

となりますので、ゴールドプラス1口を投資した時の期待値は+749,100円(利率281.6%)と推測することができます。

D9クラブ(D9 Club)の記事一覧は、こちら。

 

ブックメーカー投資の期待値はどれぐらい?

ブックメーカー投資の期待値の出し方は、

(ブックメーカー投資の期待値) = (試合数 × 勝率 × 平均オッズ × 軍資金) + (試合数 × 負け率 × 減額率 × 軍資金)

という計算式で求められることを説明しました。

普通のブックメーカー投資では減額率が「-100%」となるのですが、我々のコミュニティーではキャッシュアウト(損切)を利用したノウハウで投資を行ってますので、負けた試合でも全額失うのではなく負け額を減らすことができます。

コミュニティーでは勝率94%を謳っていますので、試合数「100試合」、勝率「94%」、平均オッズ「5%」、減額率「-20%」、軍資金「1万円」として、「普通の投資」と「キャッシュアウトを利用したノウハウ使用時の投資」との比較を行ってみたいと思います。

 

■普通の投資

期待値 = (100試合 × 94% × 5% × 10,000円) + (100試合 × 6% × (-100%) × 10,000円)

= 47,000円 - 60,000円

= -13,000円(-130%)

 

■キャッシュアウトを利用したノウハウ使用時の投資

期待値 = (100試合 × 94% × 5% × 10,000円) + (100試合 × 6% × (-20%) × 10,000円)

= 47,000円 - 12,000円

= +35,000円(+350%)

 

キャッシュアウトを利用しない普通の投資では、負けた試合で全額失ってますので、そのまま何も対策を打たないと期待値がマイナス(-130%)になってしまいます。

それに対して、キャッシュアウトを利用したノウハウ使用時の投資では、減額率が「-20%」で抑えられているおかげで、期待値がプラス(+350%)になっています。

キャッシュアウトの重要性が分かると思います。

期待値のシミュレーション

我々のコミュニティーでは、数字を入力すると自動的に期待値を計算してくれる「期待値計算シート」を活用しており、期待値を把握したり、数字を変えることでシミュレーションを行うことができます。

自分の成績を入力することで、同じやり方でずっと投資を行っていけばこれぐらいの利率になるという期待値を自分で把握することができます。

データは多ければ多いほどより正確な期待値が分かります。

コミュニティーで一番最初に1ドルベットを100試合行うのも、自分の成績の100試合分のデータが取れるので、自分で期待値を把握するという目的もあります。

 

また、期待値計算シートを使って、「勝率と平均オッズ」や「キャッシュアウトした際に何%マイナスになっても期待値がプラスになるのか」などといったシミュレーションもできます。

勝率と平均オッズ、キャッシュアウトのところに色々数字を入力してみると、「どのくらい月利が得られるのか」、「そのためにはどのくらいの勝率と平均オッズが必要なのか」、「キャッシュアウトではどのくらいの損失まで許容できるか」がシミュレーションできます。

キャッシュアウトの条件をコントロールすることで、期待値がプラスになるようにリスクをコントロールできます。

キャッシュアウトで許容できる数値を頭に入れてベットすると、負けそうになった時に潔くキャッシュアウトを決断し、負けを受け入れることができます。

自ずと戦略も固まってきますので、この期待値計算シートを活用することをオススメしています。

 

ブックメーカー投資を行うにあたっては、このようなシミュレーションをすることがとても大切です。

データを集め、検証し、数学的根拠に基づいて投資判断を下せるようになる必要があります。

 

期待値と勝率のバランスが重要

いくら勝率が良くても利率が低ければ稼ぎ続けることはできません。

例えば勝率99%でも平均オッズが1.01(利率1%)の場合は、キャッシュアウトをしないと期待値がマイナスになってしまいます。

試合数を「100試合」、軍資金を「1万円」とすると、

期待値 = (100試合 × 99% ×1% × 10,000円) + (100試合 × 1% × (-100%) × 10,000円)

= 9,900円 - 10,000円

= - 100円(-1%)

となりますので、連勝して一時的にプラスになることはあっても、長い目で見ると負けてしまいます。

 

また、利率が高く期待値も100%を超えている場合でも、勝率が低いと連敗などにより資金がなくなってしまう可能性があります。

100回に1回は200倍になるというものがあったとすると、利率は20,000%で期待値も200%とどちらも高いのですが、勝率が1%しかないので連敗しやすく、例えば資金の10分の1ずつを賭けていったとすると10回の負けで資金が底をついてしまいます。

資金の100分の1ずつを賭けていったとしても、100回以内に勝ちが来なければ資金がなくなってしまいますし、勝ちが来たとしてもそれ以上の負けが続いた場合はなかなか利益が増えないということになってしまいます。

このように、期待値が高くても勝率が低ければ長期的には稼いでいくことができるかもしれませんが、その前に資金がなくなってしまったり、短期的には負けてしまう時期も出てきてしまいますので、期待値と勝率のバランスを考えることが重要になってきます。

 

我々のコミュニティーでは、勝率94%という非常に勝率の高いノウハウを提供しておりますが、期待値を高めることを重視しておりますので、オッズが低すぎる試合には賭けないように推奨しており、勝率が高くて且つある程度のオッズが見込める試合に賭けていくようなノウハウとなっております。

現在提供されているノウハウだけでなく、さらに期待値を上げるための分析や研究も行われていて、毎月の勉強会やブックメーカー通話セミナー、LINEグループなどでも発表されることもあり、常に進化しています。

私も中上級シェアチームや新しいノウハウの研究チームに入ってますので、さらなる期待値の向上とコミュニティーへの還元に努めていきたいと思います。

ブックメーカー投資を極めます!

 

ブックメーカー投資の記事一覧は、こちら

 

ブックメーカー投資についてのご質問やお問い合わせ、月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーに興味があるという方は下にあるLINE@への登録、メールやFacebookからご連絡ください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

他の投資と比べた時のブックメーカー投資のメリット

「サッカー日本代表もブックメーカーで応援できます!」の記事で、「ブックメーカーをギャンブルではなく投資と捉える」と書きましたが、ブックメーカー投資は他の投資と比べてどうなのでしょうか?

世の中には様々な投資があり、主なものとしては株式投資、投資信託、FX(外国為替証拠金取引)、不動産投資、金、先物取引、年金商品などがあります。

そして、このブログでも取り上げてますが、新しい投資対象として注目されているのが仮想通貨(暗号通貨)であり、仮想通貨自体の投資もあれば、HYIP(高収益投資プログラム)のように、会社が用意した投資プログラムにビットコインを中心とした仮想通貨を預けて高い配当を受け取るという投資が流行ってきています。

これらと比べてブックメーカー投資にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ブログでもブックメーカー投資の良い点について書いてきましたが、今回は「他の投資と比べた時のブックメーカー投資のメリット」をまとめてみたいと思います。

 

初期投資金額が低い

ブックメーカー投資の大きな特徴の1つに、最低投資金額の低さが挙げられます。

ブックメーカーで賭けることを「ベット」といいますが、1ベットに必要な掛け金の最低金額は0.2ドルです。

現在のレートで1ドル=110円と考えると、日本円で22円になります。

競馬やtoto、宝くじは100円からですし、ロトやナンバーズは200円から、BIGやジャンボ宝くじは300円ですので、それよりも低い金額から賭けることができます。

 

これがFXになると、通貨やFX会社にもよりますが数万円の証拠金は必要ですし、投資信託だと十数万円、株式投資だと数十万円くらい少なくともかかります。

不動産投資となると、さらに桁が上がって数千万円~数億円のレベルになります。

 

したがって、例えばお父さんがなけなしのお小遣い1万円を2~3万円に増やしたいといったケースでは、少額から始められるブックメーカー投資が最適となります。

もちろん、もっと多額の投資も可能です。

実際、私が参加している月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーでは、ブックメーカー投資で何十万円、何百万円といったレベルで稼いでいる人もたくさんいます。

月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーとは?

 

万が一損した時のダメージを小さく抑えられる

最低投資金額の話と関連しますが、投資において「1口あたりの金額が低い」ということは、「損した時のダメージが小さい」ということでもあります。

例えば、最低金額の0.2ドルでベットした場合、予想が外れて賭けに負けても失う金額は最大で0.2ドルです。

しかも、実際には損切(キャッシュアウト)を使えばさらに損失額を小さくできますので、1ベットあたりの損失額は0.01ドル未満ということすらありえます。

 

これが他の投資となると、1口あたりの金額が大きいだけに、値動きも大きく、損した場合の金額も大きくなってしまいます。

特にFXは証拠金にレバレッジをかけて、国内FX業者では最大25倍まで、海外FX業者だと数百倍までのトレードができますので、損した時のダメージは大きいです。

もちろん、ブックメーカー投資であっても、高額のベットをすれば、それだけ損失金額も大きくなる可能性がありますので、その点には注意が必要ですが、「やろうと思えば負けた時のダメージを極限まで小さく抑えられる」というのも、ブックメーカー投資のメリットといえます。

我々のコミュニティーで、一番最初は1ドルベットを100試合行うのも、このダメージを小さく抑えられるというメリットを生かして、ブックメーカー投資に慣れるまで練習として行うことができます。

新しいノウハウを開発する時も、少額でベットして期待値を計算して検証を行っています。

 

特別な知識がほとんど必要ない

ブックメーカー投資では、サッカーとテニスといった身近なスポーツが賭けの対象になっていますので、特別な知識がほとんど必要ありません。

最低限覚えておくべきなのは、わずかなルールだけです。

もちろんサッカーとテニスの知識もあるに越したことはないですが、実際のところ、それらの知識がほとんどなくてもコミュニティーのルールに従えば高確率で勝ててしまいます。

むしろ、変にスポーツに詳しいと邪念が入って、かえって負けやすくなるケースもあるくらいです。

 

これに対して、他の投資ではどうしても色々と勉強しなければなりません。

比較的取り組みやすいFXでも、チャートの読み方や経済指標が為替相場に与える影響などは知っておかなければなりませんし、株式投資になると企業の決算資料の読み方や分析の仕方など、さらに勉強すべきことが増えてきます。

不動産投資も収益を得る方法、仕組み、種類、物件選び、管理、かかる費用、保険の知識などなど勉強することがたくさんあります。

もちろんそれらの勉強をしないで投資をするのは自由ですが、それで負けてしまっても自己責任です。

そう考えると、「しっかりルールを守って投資すれば、知識がほとんどなくても稼ぐことができる」というのは、ブックメーカー投資の大きなメリットだと思います。

 

特別な手間もほとんど必要ない

そして、知識が必要ないということは、手間もかからないということです。

ブックメーカー投資では、わずかなルールさえ覚えておけば、あとはそのルールで決められた条件に従って賭けるだけとなります。

時間にして1回20~30分程度あれば余裕でこなせるレベルです。

 

これに比べて、FXや株式投資は、チャート分析や銘柄分析などにそれなりに手間がかかります。

テクニカル分析と呼ばれるチャート分析は、グランビルの法則から移動平均線などのインジケーターまで、色んな要素を基に分析しなければならないですし、株で稼いでいる人の中には、「週末は1日中、会社四季報を見て分析している」という人もいたりします。

不動産投資だと、さらに手間がかかって、物件を購入する時には様々な調査が必要になります。

さらには、購入した後も入居者の募集や世話、物件の手入れなど、やることがたくさんあるので、かなり大変だといえます。

HYIP投資は、案件を選ぶのに時間はかかりますが、お金を預けてしまったらあとはほとんど何もしなくて良いので、手間という点では一番かからないと思います。

 

結果が出るまでの時間が早い

ブックメーカー投資では、「1回1回の投資の結果が確定するまでの時間が短い」というのも特徴の1つです。

我々のコミュニティーのノウハウでは、試合の途中から賭けますので、その分ベットしてから結果が出るまでの時間が短くなります。

例えば、サッカーの試合に賭ける場合は、ベットしてから30分以内に結果が確定します。

試合展開が早いテニスの場合なら、さらに短い時間で決着します。

 

これに比べると、FXや株式投資は、投資スタイルにもよるのですが、結果が出るまでにかなり時間がかかります。

FXでは「スキャルピング」と呼ばれる数秒~数分でトレードするスタイルもありますが、スキャルピングを規制するFX業者もありますので、FXや株式投資では基本的に最も短い時間で売買を完結させる「デイトレード」というスタイルになり、それでも数時間はかかります。

一般的なやり方だと、数週間~数ヶ月、場合によっては年単位ということもあるはずです。

株式投資をやっていて、買った株が値下がりしたまま何年も保有し続ける「塩漬け」状態に陥ってしまう人も少なくないと思います。

不動産投資の場合は、さらに気の長い話で10年以上のスパンで考えるケースもあります。

HYIP投資も、投資プランによって投資期間が決まっているケースがほとんどで、元本が返済される場合でも満期になるまでは元本を引き出せなかったり、元本が返済されない場合は毎日配当が出るものであっても利益が出るまでに数ヶ月かかることもあります。

 

資金の回転率を高くできる

結果が出るまでの時間が短いと、資金の回転率が良くなります。

投資経験が豊富な人ほど、これがどれだけ大きなメリットかは分かるかと思います。

我々のコミュニティーのノウハウはたくさんあり、対象となる試合も多いので、それだけベットの回数も多くなります。

FXでずっとチャートに張り付いていてもチャンスを逃してしまったり、結局想定していた方向と違う動きをしてしまって、また次の機会まで待たなければならない、なんてこともよくあると思います。

例えば、株式投資で月に1回売買する間に、ブックメーカー投資なら100回以上ベットすることだって難しくありません。

そうすると、資金は100倍どころか、それ以上のスピードで増えていくことになります。

なぜなら、ベットで得られた利益を再投資することで、複利の力を味方につけ、資金の増え方に爆発的な加速度をつけられるからです。

複利運用の威力は凄まじいです。

実際に、我々のコミュニティーの中には、私も含め月利1000%以上という驚異的な成績を残している人もたくさんいます。

ここまで効率よく資金を増やせる投資法というのは、世の中見渡してもそうそう存在しないのではないでしょうか。

10日間で資金を約10倍にしたブックメーカー投資の証拠画像を大公開!

月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーメンバーの実績紹介

 

月利が高い

資金の回転率に関連して、月利が高いというのもブックメーカー投資の魅力です。

ブックメーカーの賭けではオッズが刻一刻と変わっていくので、ケースバイケースではあるのですが、我々のコミュニティーのノウハウの条件を満たす試合に賭け、勝った場合に得られる利益は、平均して掛け金の数%程度です(高めの人だと10%を越すケースもあります)。

これだけ聞くと、「悪くはないけど、特別いい数字でもない」と感じるかもしれませんが、これは「1回のベットで得られる利益」です。

ブックメーカー投資では1ヶ月でかなりの回数ベットができますので、その利益を積み上げていくと月利ではかなり大きい数字となります。

 

我々のコミュニティーでは月利300%を謳っていますが、「初心者の人は、まずは月利60%を目指す」ことが講師の方から伝えられています。

なぜなら、そのくらいであれば初心者がルール通りにベットするだけでも十分達成できるからです。

実際には中上級者になると、月利何百%とか1000%、2000%、・・・という世界に入っていきます。

初心者でも月利60%を得られる投資なんて、なかなかないのではないでしょうか。

元本が返済されないHYIP投資などは、日利1%で月利30%といっていても、実際のところ最初の1ヶ月は投資金額に対して70%のマイナス(月利-70%)ですからね。

3ヶ月半で元本回収してそれから初めて利益になるわけなので、月利何%という表現を正しく解釈してください。

株式投資などでは株価が2倍になる銘柄も存在しますが、株価が2倍になるまではたいてい何ヶ月かそれ以上かかります。

月利に換算した時に60%というのは、「他にはない」とまではいいませんが、かなり高い数字だと思います。

ちなみに、比べるべくもないですが、現在の大手都市銀行の定期預金の利率は月利0.01%です。

もちろん定期預金と投資ではリスクが違いますから、比較しても意味はないのですが、相当差があることがわかります。

 

平日の夜や土日にできる

例えば株式投資ですと、もちろん夜のうちにネットで注文を出しておくことはできますが、やはりメインとなる取引時間帯は日本でマーケットが開いている平日の9時~15時までとなります。

また、FXの場合は、平日であれば24時間世界のどこかでマーケットが開いていてリアルタイムに注文できますが、その場合でも相場の動きが気になって仕事中についスマホで為替チャートをチェックしてしまうという人も少なくないのでしょうか。

それに、やはり土日はマーケットが閉まってしまいます。

 

これに対して、ブックメーカー投資では、サッカーとテニスの試合が多いゴールデンタイムと言われる時間帯は夜の20時~深夜の2時ぐらいになります。

なぜなら、時差の関係でこの時間帯が、サッカーやテニスの盛んなヨーロッパのアクティブタイムとなるためです。

しかも、平日はもちろん土日も世界中で試合があります。

我々のコミュニティーのノウハウは世界中のどこでも使えますので、24時間365日、世界中のどこかしらで試合があればベットできるのです。

これは特に、サラリーマンの方でも仕事の後や休みの日にも十分できますし、サラリーマンの方で月利1000%を超えた方もたくさんいます。

ブックメーカー投資は、どんな職業、生活スタイルの人にでも適している投資法といえます。

 

すぐに現金化できる

さらには、現金化しやすいのもブックメーカー投資のメリットの一つです。

そもそも、株式投資、FX、不動産、これら全ては「売りたい人と買いたい人」の両方がいて初めて現金化できるものです。

保有しているA社の株を売って現金を得たいと思っても、A社の株を買う人が現れないと売ることができず、現金化できません。

特に不動産となると、ものが大きいだけに、なかなか買い手がつかない場合もあります。

もちろん、株式投資の場合は証券取引所を介するので、取引自体は成立しやすいですが、その場合でも売り注文が約定してから証券会社の口座に入るまで4営業日かかります(約定日から起算して4営業日目が受渡日)。

つまり、売却できても、現金を手にするまでに多少の時間がかかります。

 

一方、ブックメーカー投資では、賭けた試合で勝利が確定した直後やキャッシュアウトした直後にブックメーカーのサイト上の残高に反映されます。

海外のブックメーカーサイトを利用するので、出金して手元に現金を持ってくるために何ステップか踏む必要はありますが、それらは全てネット上の操作で手続きできるので、ほとんどタイムラグなく現金を引き出すことができます。

入金したり出金したりする際に多少の手数料がかかりますので、あまり頻繁に出金することはオススメできませんが、いざ急に現金が必要になった時にはすぐに現金化できるというのは、意外と大きなメリットだと思います。

 

このようにブックメーカー投資には、他の投資と比べても様々なメリットがあることをわかっていただけたかと思います。

少額から始められて、リスクもコントロールでき、初心者でも始めやすく、時間的な効率が良く、大きく稼ぐことができて、キャッシュフローも良い、というメリットだらけのブックメーカー投資は、私も投資の中で一番オススメしてますので、投資でお金を増やしていきたいと考えている方は、選択肢の一つとして考えてみても良いのではないでしょうか。

 

ブックメーカー投資の記事一覧は、こちら

 

ブックメーカー投資についてのご質問やお問い合わせ、月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーに興味があるという方は下にあるLINE@への登録、メールやFacebookからご連絡ください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

サッカー日本代表もブックメーカーで応援できます!

サッカー日本代表がワールドカップ最終予選でUAEに勝ちましたね!

野球のWBCは準決勝で負けてしまい残念でしたが、今回の勝利でまた日本のスポーツ界に明るいニュースが戻ってきました。

個人的には今野選手がゴール決めてくれて嬉しかったです。

いやー、ほんと良かった!!

 

このサッカー日本代表の試合は見てるだけでなく、ブックメーカーで応援することができます。

これは試合開始前のオッズです。(上はスマホからの画面、下はパソコンからの画面)

賭ける項目が色々あるのですが、例えば一番上の「Fulltime Result」を見てもらうと、これは前後半90分間の結果を予想して、「UAEが勝つ」のか「引き分け(Draw)」なのか「日本が勝つ」のかの3パターンに賭けます。

日本の勝ちに賭ければ、賭けた金額に対して1.70倍のお金が返ってきます。

利率で言うと70%の利益ということになります。

しかし、日本が負けたり引き分けで終わっていたら、賭けた金額は1円も返ってこずにゼロになってしまいます。

応援でお金を賭ける分にはいいのですが、お金を稼ごうとして日本の勝ちに賭けたのではギャンブルになってしまいます。

ギャンブルで賭け続けていると、最初は勝てるかもしれませんが、長い目で見れば還元率に収束してしまいます。

ブックメーカーの還元率は95%前後ですので、競馬の70%~80%や宝くじの40%などと比べると、ギャンブルでも稼ぎやすいとは言えるのですが、やはりギャンブルになってしまうとずっと稼いでいくことは難しくなってきます。

 

私が参加している月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーは、ブックメーカーをギャンブルではなく投資として捉えて、長い目で見て稼ぎ続けていくことができるコミュニティーとなっています。

月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーとは?

講師の方が3年かけて何千試合もずっとデータを取って、研究を重ねてノウハウ化された「勝率が94%以上で且つ利率が取れる条件」に賭け続け、それに「損切の手法」をプラスすれば、右肩上がりに長期的に稼いでいくことができます。

この「同じ条件に賭ける」+「損切の手法」をルール化して、そのルールをずっと続けていけばこれだけの利益が出るという期待値を出せることがまさに投資であり、それ以外をやってしまうとルールから外れたことになり投資ではなくギャンブルになってしまいます。

我々のコミュニティーでは、初心者のうちからノウハウを身に付けることができ、コミュニティーという環境がこのルールを徹底させてくれます。

一番最初は1ドルベットと言って、大きな金額を賭けずにまずは練習として1ドルだけルールに則ったベットを行います。

この1ドルベットを100試合行って、結果のデータを講師に提出して、それを基に一人一人面談(通話やLINE)を行います。

結果の分析を行い、自分の得意な条件や苦手な条件、課題などを見つけて、資金や運用方法の相談をしてからその後の本番のブックメーカー投資へと挑んでいきます。

私はサッカーが得意なので、今はほとんどサッカーしかやってないのですが、テニスが得意な人はテニスだけで稼いでいる人もいます。

コミュニティーには800名以上のメンバーがいますので、思うようにいかない場合はLINEグループで相談すればすぐに答えが返ってきますし、講師の方やコミュニティーメンバーに個別で連絡しても親身になって相談に乗ってくれます。

勉強会やブックメーカー通話セミナーも頻繁に行っていますし、ブックメーカー投資のスペシャリストもそれぞれの分野でいますので、その方に聞くこともできます。

今のノウハウでも十分稼げるのですが、より稼いでいくために時代の流れに合ったノウハウも必要ということで常に新しい手法を研究していて、勉強会やLINEグループなどで発表されています。

無期限サポートなので、稼げるまでサポートし続けてくれますし、稼いでいる人もさらにもっとたくさん稼いでいけるのがこのコミュニティーの強みです。

10日間で資金を約10倍にしたブックメーカー投資の証拠画像を大公開!

月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーメンバーの実績紹介

日本を応援するのもいいですけど、やっぱりお金も稼ぎたいですよね。

スポーツを楽しみながらお金を稼ぐことができるなんて・・・ブックメーカー投資オススメです!

 

ブックメーカー投資の記事一覧は、こちら

 

ブックメーカー投資についてのご質問やお問い合わせ、月利300%勝率94%のブックメーカー投資コミュニティーに興味があるという方は下にあるLINE@への登録、メールやFacebookからご連絡ください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment