出金できない

アクセス数の推移や国別のアクセス割合からHYIP案件を判断する方法

f:id:mura-shu:20170317174040p:plain

 

私がHYIP案件を判断する基準の一つとして、アクセスの状況を見るようにしています。

 

「アクセス数」だけではなく、「アクセス数の推移」「国別のアクセス割合」から判断しています。
アクセス数が多ければ、それだけ人気があるということですし、投資される額も多くなってくると思いますが、逆にアクセス数が少なければ、人気がなくて投資額も少ないということで、ドメイン代やサーバー代などの維持費、運営費、人件費などもかかってくるのでサイトを閉じてしまおうと考えると思います。

ただ、単純にアクセス数だけ見るのではなく、アクセス数の推移も合わせて見ることで、そのHYIP案件の状況がより見えてきます。

例えば、有名なBitRegion(ビットリージョン)のアクセス数の推移を見ていただきますと、

f:id:mura-shu:20170317174326j:plain

右上の「Total Visits」が今年の2月のアクセス数で、766.40KというのはK=1000なので、766400アクセスということですね。

左のグラフで月別のアクセス数が見れますが、このように去年の12月をピークに今年の1月、2月とアクセス数が減少しています。

これは、今年に入ってからGHが遅れている(出金できない)問題が発生しているため、アクセスする人が減っていってると見ることができます。

 

また、サイトにはアクセスできるが、出金できなくて飛んだとされているRight Rise(ライトライズ)を見てみると、

f:id:mura-shu:20170317174538j:plain

「Total Visits」は2.40MでM=100万なので、240万アクセスとかなり多いですね。

人気だったのも頷けます。

去年の12月から今年の1月にかけて急激に伸びていて、今年の1月から2月にかけては伸びているが傾きが緩くなっています。

このままいけば今年の3月は伸びがもっと緩やかになるようなグラフになると予想でき、実際出金できなくなったのは今年の3月の頭ですので、ピークになる直前に飛んだと見ることができます。

 

理想的なのは、なるべく緩やかにじわじわ右肩上がりに増えていくようなグラフが理想的で、急激に伸びてしまうとその後勢いがなくなって、伸びが緩やかになってしまうので、あまり長続きしないと思います。

HYIPの運営側も飛ばすならピークの状態で飛ばしたいですからね。

ピークが判断できないような伸び方になっていれば、運営側としてもまだいけると思って、飛ばしたりはしないんじゃないでしょうか。

運営側の立場に立って、いつ飛ばしたら一番儲かるかを考えることが、我々投資家の判断基準になると思います。

 

また、HYIP案件は日本だけでなく世界中で運用されてますので、国別のアクセス割合を見ることも重要であると考えています。

国の偏りがあると、アクセス割合が高い国では流行ったけど、その他の国では流行らなかったからそろそろサイトを閉じようという感じになるでしょうし、色んな国にアクセス割合が分散していることが望ましいと思います。

特に、日本に偏っているHYIP案件は要注意です。

HYIPは、ほとんどが海外で運営されていて、特に英語のサイトが多く、日本人は英語に苦手意識を感じている方も多いので、少ない情報でHYIPを始めてしまったり、自分で考えることもせずに薦められるがままに始めてしまうことも多いです。

また、日本人は他の人に同調する性質があり、人の意見に流されやすい傾向にあるので、日本人をターゲットとしたHYIPも少なくないです。

あまり日本で流行っていないHYIPを狙うというのも一つの選定基準にはなりますし、逆に日本で流行り始めてきたら危ないなという危険信号にもなるかと思います。

 

国別のアクセス割合もBitRegionとRight Rise両方見てみますと、

f:id:mura-shu:20170317175057j:plain

f:id:mura-shu:20170317175237j:plain

どちらも日本に偏っていることがわかります。

特にBitRegionは日本が95%という異常な数字になっていて、ほとんどが日本人だということがわかります。

 

以下に、私が投資しているHYIP案件と日本で人気が高いHYIP案件の「アクセス数」、「アクセス数の推移」、「国別のアクセス割合」を載せたいと思います。

良かったら今後の新たな投資先や現在投資している案件の飛んでしまうリスクの判断基準として参考にしてみてください。

 

★D9 Club(D9クラブ)

まずは私が一番オススメしているD9 Clubです。

f:id:mura-shu:20170317175854j:plain

今年の1月から2月にかけて急激に伸びてますが、国別のアクセス割合はアメリカとブラジルと日本の3強という構図で、日本だけに偏っているわけではありませんので、その点では安心できます。

 

D9 Club(D9クラブ)の記事一覧は、こちら

 

★SportArb(スポートアーブ)

D9 Clubと同じくブックメーカーで収益を上げているSportArbです。

f:id:mura-shu:20170317181033j:plain

今年の1月29日に始まったばかりの会社なので、2月の急激な伸びは当然なのですが、アクセス数が100万とかなり多いですね。

国別のアクセス割合は1位のロシアでも8.45%と10%未満ですので、色んな国にアクセス割合が分散していると言えます。

日本が1位になる日も近そうですね。

 

SportArb(スポートアーブ)の記事一覧は、こちら

 

★X-Binary(エックスバイナリー)

V.2がリリースされて、V.1からV.2へ移行されるというアナウンスがされたが、まだ出金の不安が残るX-Binaryです。

f:id:mura-shu:20170317181957j:plain

今年の1月から2月にかけて急激に伸びていて、国別のアクセス割合も日本が半分弱を占めていて2位のポーランドは10%弱ですので、日本だけに偏っているという状況です。

これを見るとやはり不安ですね。

 

X-Binary(エックスバイナリー)の記事一覧は、こちら

 

★Trade Coin Club(TCC)

今年の1月27日から世界で同時スタートを決めた、暗号通貨の自動売買で利益を上げているTrade Coin Clubです。

f:id:mura-shu:20170317190923j:plain

アクセス数の推移はX-Binaryと似ていて、今年の1月から2月にかけて急激に伸びていて、国別のアクセス割合も日本が3割強の1位、2位のアメリカは20%ぐらいですので、2強で日本が少し抜けている状況ですので、アクセス数の状況だけで判断すると良いとは言えないです。

 

★Richmond Berks(リッチモンドバークス)

2008年に会社が設立して8年以上経っている、不動産オークションから利益を得ているRichmond Berksです。

f:id:mura-shu:20170317184414j:plain

去年の11月から緩やかに伸びてましたが、今年の1月から2月にかけて急角度で伸びています。

国別のアクセス割合はロシアがちょっと抜けてますが、それ以外は分散されていて、日本も5.96%の3位ですので、良い傾向だと思います。

 

★Razzleton(ラズレトン)

2015年12月19日から運営して1年3ヶ月も続いていて、製薬会社への投資から利益を上げていると言われているRazzletonです。

f:id:mura-shu:20170317183056j:plain

長く続いている会社だけあって、アクセス数の推移も緩やかに伸びている理想的なグラフになっています。

国別のアクセス割合もロシアがちょっと抜けてますが、それ以外は分散されていて、日本がベスト5に入っていないというのも好材料です。

アクセスの状況だけから判断すると、このRazzletonが一番良いと思います。

 

【番外編】

★bet365

最後に番外編として、私がブックメーカー投資で使っているbet365についても興味本位で調べてみました。

f:id:mura-shu:20170317192206j:plain

bet365は1974年に設立され、英国ジブラルタルのライセンスを所持しており、200ヶ国以上、500万人以上のユーザーがいる世界最大級のブックメーカーだけあって、アクセス数も3億3500万アクセスというとんでもない数字になっています。

国別のアクセス割合もサッカーが盛んな国が上位に来ているイメージで、日本はベスト5に入ってませんし、まだまだブックメーカーの認知度は低いと思います。

 

ブックメーカー投資の記事一覧は、こちら

 

今回紹介した、HYIP案件の「アクセス数」、「アクセス数の推移」、「国別のアクセス割合」がわかるサイトを知りたい方は、下のLINE@からご連絡ください。

また、上記のサイトの方が有名なのですが、実はこのサイトよりもっと最近(現時点では3月15日)に更新されているデータが見れるサイトもありますので、こちらも合わせて知りたい方はご連絡ください。

先日ご紹介したPlatinum World Team Build(PWTB)のアクセスについては、後者のサイトでしか調べることができませんでした。

 

今回のアクセスの状況から判断する方法も、あくまで一つの判断基準に過ぎず、飛ぶ時は飛びますし、何があるかわかりませんので、最終的にはご自身の判断で自己責任で何に投資するかを決めてください。

 

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

X-Binary(エックスバイナリー)がV.2をリリースしましたが、まだ出金できません。

X-Binary(エックスバイナリー)がV.2をリリースしましたが、まだ出金できません。

 

ここ数日出金できなくなっていて、3月11日までパーソナルバイナリーのメンテナンスを行うと言っていたX-Binary(エックスバイナリー)ですが、昨日の夜にX-Binary Ltd V.2をリリースしました。

バージョンアップしたということで、期待してログインしてみると・・・

f:id:mura-shu:20170312102602j:plain

M-wallet、B-wallet、Total Deposit、Total Withdrawalの全てがゼロにリセットされてました。

どういうこと!?と思っていたところ、「V.1で入るとデポジットが残っている」という情報が入り、左下の早速ログインしてみると、確かに全て戻っていました。

f:id:mura-shu:20170312103037j:plain

f:id:mura-shu:20170312103204j:plain

しかし、出金は相変わらずで、Withdrawal Historyを見ると、出金の承認待ちのままになっていました。

f:id:mura-shu:20170312103411j:plain

出金しようとした人もいたのですが、できなかったみたいです。

これはパーソナルバイナリーのメンテナンスが完全に終了するまで待つしかないということで、日本時間の3月12日の朝9時以降にV.1にアクセスしてみました。

その結果は・・・昨日の夜と変わってませんでした。

パーソナルバイナリーが追加されると思ってましたが表示されてませんし、出金のステータスも承認待ちのままです。

f:id:mura-shu:20170312104020j:plain

しかも、入金がM-walletとB-walletからだけで、新規の投資は受け付けなくなってましたので、もうV.1でやる気はなさそうです。

f:id:mura-shu:20170312104143j:plain

 

V.2の方を見てみてもパーソナルバイナリーが表示されていません。

f:id:mura-shu:20170312104354j:plain

パーソナルバイナリーのメンテナンスじゃなかったの?

しかもオートマチックバイナリーもありませんね。

よくわかりません。

 

V.2のトップ画面の下を見てみても、パーソナルバイナリーがありません。

f:id:mura-shu:20170312104741j:plain

前も表示されていなかったかもですが、今後も実装する気はなさそうですね。

しかも日利が3%に上がっています。

f:id:mura-shu:20170312105955j:plain

 

さらに下を見てみると、

f:id:mura-shu:20170312105259j:plain

XB-100、XB-1000、XB-2500がそれぞれ前より10分の1の10ドル、100ドル、250ドルから始めることができると書いてあります。

これは、投資家がこの金額ぐらいだったらやってもいいかなと思うような設定にして、先行者利益を取らせるために早めに入金させるという策略のような気がします。

実際、10ドルぐらいならということで、早速10ドル入金してXB-100が下に付いてるという人もたくさんいます。

 

V.2では出金できるかもしれませんが、V.1で出金できるようになるまではX-Binaryに参加することはオススメしません。

今回のV.2のバージョンアップはおかしな点だらけです。

V.1に参加してた人を今後V.2に移行していくからV.2で再投資して運用してくださいという案内を流して、結局移行せずにV.2だけで運用させてV.1の人は置き去り、資金が溜まったらV.1とV.2合わせて飛ぶんじゃないかという意見もありますので、V.2には容易に飛びつかない方がいいと思います。

あくまで自己責任で運用を行ってください。

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment

XB-2500のスタートとパーソナルバイナリーのメンテナンスでX-Binary(エックスバイナリー)は今後どうなる!?

XB-2500のスタートとパーソナルバイナリーのメンテナンスでX-Binary(エックスバイナリー)は今後どうなる!?

 

Right Rise(ライトライズ)が3月5日の朝8時に出金が止まったようです。

(引き出そうとすると「Technical work. Try again later.」と表示されます。)

出金機能のメンテナンスに入っているとも言われてましたが、サポートに問い合わせても返事がなく、公式アナウンスもないので、おそらく飛んだと思われます。

メールで入金方法の変更などが届いていますが、最後の資金集めですので絶対に入金しないでください。

追加投資や新規で紹介することも絶対にしないでください。

私も一番最初にビットコイン投資をしたのがRight Riseでしたので、思い入れはありますが、気持ちを切り替えていきたいと思います。

HYIP案件はリターンが大きい分このように飛ぶリスクも高いので、あくまで余剰資金で分散投資するなどリスク管理をしながら自己責任で投資をしてください。

 

そんな中、相変わらず元気なX-Binary(エックスバイナリー)がまたまたXBシリーズをニューリリースしました!

電化製品の新製品みたいですね(笑)

その名もXB-2500!

もう数字だけ見ればどういうシステムなのかわかってきましたね。

f:id:mura-shu:20170307150011j:plain

簡単に言うと、「新たに2500ドル以上をデポジットすると、2500人のネットワークを250日以内に自動で得られて、ネットワークメンバーがデポジットすると0.015%の報酬が得られる」ということです。

 

XB-1000が始まったばかりなのに、もうXB-2500なんか出しちゃって大丈夫?と感じた方も多いかと思います。

2月3日にXB-100、2月27日にXB-1000、3月7日にXB-2500とリリースのスパンがかなり短くなっているのは気がかりです。

 

しかも、X-Binaryは昨日からパーソナルバイナリーのメンテナンスを行っています。

f:id:mura-shu:20170307152113j:plain

3月11日までメンテナンスを行うということなので、それまではパーソナルバイナリーにアクセスできなくなり、ペアリングボーナスも発生しないということになります。

 

X-Binaryはこれまでオートマチックバイナリーのメンテナンス、サーバー移行など大規模なメンテナンスを行っては裏切らずにちゃんと帰ってきて、長続きさせようという運営側の意欲が感じられてましたが、今回ばかりは疑問符が付きます。

3月11日までペアリングボーナスは発生させずにXB-2500で資金を集めて飛ぶという可能性も否定できません。

Right Riseの件で考え過ぎかもしれませんが、XB-2500には簡単に飛びつかずに慎重に判断されることをオススメします。

 

私はX-Binaryが飛ぶかどうかの判断基準の一つとして、ログイン画面の「TOTAL DEPOSITS」「TOTAL WITHDRAWALS」を見るようにしています。

f:id:mura-shu:20170307160339j:plain

この画面の下にある赤枠の部分です。

X-Binaryでは色々ボーナスが加算されてデポジットされるので、投資家の入金額の合計と「TOTAL DEPOSITS」の額がイコールにはなりませんが、5%も誤差はないと思います。

「TOTAL WITHDRAWALS」はそのまま投資家の出金額で、ここが多ければ多いほど会社の利益は少なくなります。

この2つの割合で見ている人もいるみたいですが、私は単純に「TOTAL DEPOSITS」から「TOTAL WITHDRAWALS」を引いた額、つまり会社の利益の額で見ています。

入金と出金の割合が近づいてきたとしても、入出金を合わせた額が大きければその分会社の利益は大きくなりますし、入金と出金の差で見るべきだと思っています。

飛ぶとしたら会社の利益がピークのところで飛びたいと思うので、毎日会社の利益を計算してグラフにして、この辺で利益が落ちていきそうだなという推測を立ててみるのも良いかもしれません。

また、Right Riseの場合は投資総額が1億ドルに到達して満足したから飛んだという意見もありますので、入金額だけで判断するのも一つの判断基準になると思います。

良かったら参考にしてみてください。

 

私も長続きしてくれた方が嬉しいですし、X-Binaryのことですから期待を裏切らずにこれまで以上のパフォーマンスを発揮してくれるかもしれませんが、過信は禁物ですのであくまで慎重に。

 

X-Binary(エックスバイナリー)への参加は、こちらから。

X-Binary(エックスバイナリー)の記事一覧は、こちら

 

人気ブログランキングに参加してます。

応援クリックしていただけると大変励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

LINE@の友だちを募集してます!

ビットコイン投資やブックメーカー投資の情報、ブログの更新情報、ブログには書けない極秘情報などを配信しています。

以下のボタンの押下、QRコードの読み取り、「@hta1713r」をID検索(@をお忘れなく)して友だち追加してください。

友だち追加  f:id:mura-shu:20170301010246j:plain

メールでのご質問・お問い合わせはこちら → murashu_investment@yahoo.co.jp

Facebookも気軽に友達申請・フォローしてください!

https://www.facebook.com/murashu.investment